依頼する会社

住宅街

注文住宅についての商品やサービスでは最近聞かれるようになった自由設計というものがあります。
住宅を建てるに当たっては重視する項目というものがあります。
耐震性や防音断熱性を満たした省エネルギー性能、シックハウスなどではない安全で健康的な生活が送れること、そして耐久性などが求められます。
そして予算が最後には制約となって来ます。
最近は少子高齢化で家族数も以前に比べると少人数家族も多いために部屋数を多く作ることも少なくなって来ました。
これは予算の上でも間取りの上でもある程度融通性の持てるものになって来ています。
オープンな構造にすると間仕切り壁も取り払え、その分建具の数も減らせ、電気配線や照明器具、建築材料も節約できて建築費用はずっと安上がりになります。

これに類似するものにハウスメーカーの自由設計というものも最近は見られます。
ハウスメーカーというと過去企画型住宅という方法が良く聞かれました。
これまでの研究の集大成として坪数や間取りに合わせて最も合理的な住まい方ができるプランがあらかじめ作られているものです。
変形した土地でもない限りある程度土地の広さや形に合わせてプランを選択するだけで外観デザインの良い住宅が建てられるものです。
部分的な建材の変更や設備機器のグレード変更も相談にも乗ってもらえるので施工技術も効率的でかつ短期間で仕上がるようになっています。
あるいは工場であらかじめ配線も含んだユニットとして組み建てておいて現場に搬入し、組み立てる施工方法を取るメーカーがあり、これらはさらに工期を短縮することができるものです。